カカオものCafe&Bar チョコレート・チョコレートデザイン雑貨セレクトショップ(東山商店街)加茂努さん

チョコレートの魅力を深く知ってもらうために

以前、三宮の店舗で営業していた頃から、チョコレートの魅力をより深く知ってもらうために、ホットチョコレートやカカオティーを店内で提供したいと考えていました。しかし、そこにはカフェを設けるほどのスペースが無かったので、それが店舗移転のきっかけになりました。
カカオには、血圧を下げたり、血糖値・コレステロール値を改善する効果があります。さらに動脈硬化予防や美肌効果、冷え性の防止、アレルギーの改善、脳の活性化が期待されます。東山商店街のお客様は50代以上の方が多く、付近に病院も点在しているため、きっと当店の商品を気に入って頂ける健康志向の高い方が多いと予想していました。ちょうど喫茶店の居抜き物件が空いていたので、ここならカフェを併設した理想の店づくりが出来ると考えました。

人びとは買い物をしに商店街に来ている

オープン後、大々的な広報活動が出来なかったにもかかわらず、多くの来店があり、今ではリピーター様も多くいらっしゃいます。商店街は人通りが多いので、多くの人の目に触れることが、何よりの宣伝になっていたようです。
また、通りを歩く方々の大半はお買い物目的でいらっしゃいます。通行しているのではなく、お買い物をしに来ている。
これは商売をする者にとって、とても有難い環境です。
お店同士での繋がりも深く、当店で販売しているチョコ食パンは近くのパン屋さんに作ってもらっています。他店の店主さんから「頑張ってや!」と声をかけて頂くなど、商店街の皆さんはとにかくみんな優しくて、仕事がしやすいですね。

店舗の外観

チョコレート、一点突破

元々当店は、板チョコデザインの革製品を扱う「ショコラタン」という雑貨店だったのですが、起業して約3年、おかげ様でショコラタンの知名度も上がってきたので、いよいよ実際にチョコレートの販売も開始しました。
ちょうどその頃、北野のギャラリーでチョコレートとチョコレート関連雑貨などを集めたイベントを開催したのですが、そのイベント名こそが、「カカオに傾(かぶ)いた傾奇者たち」という意味を込めた「カカオもの」だったんです。それが今の店名の由来です。
栄養価の高い「カカオニブ」や、豆から板チョコになるまで一貫して製造する「Bean to Bar(ビーン・トゥ・バー)」と言うスタイルで作られたチョコレートなど、こだわりの商品を多く扱っていますが、お子様も食べやすいチョコやチョコ菓子、また限界までチョコレートを入れたアイスクリーム「コールドチョコレート」も販売しています。東山商店街は夜もある程度明るく、お仕事帰りの方が多く通るので、閉店後でもチョコやチョコ菓子、ココアなどが買える自動販売機も設置しました。チョコレート一点突破です。

店内イメージ

店舗詳細を見る

  • 神戸市
  • ハトらぶ
  • 神戸市商店街
  • 神戸市小売市場

神戸市役所より

商店街・市場は、市民や観光客のみなさまが笑顔で言葉を交わし、賑わいを生み出し続ける街の元気の源であり、
魅力と活気のあふれる商店街・市場が神戸にはたくさんあります。
このサイトでは、市内の商店街・市場の空き店舗情報を簡単に検索することができます。
多くのみなさまにご利用いただき、神戸の商店街・市場で開業していただけることを願っています。

神戸市長 久元喜造

トップへ戻る

Copyright(c) HYOGO TAKKEN KYOKAI all right reserved.